初めてのペットとの暮らしの手引き

HOME > 初めてのペットとの暮らしの手引き > トラブル情報Q&A

トラブル情報Q&A

  • Q.ペット可マンションを借りる方、
    どういった年齢層の方が多いですか?
  • A.ペット可のマンションに住まわれるかたは、若い学生さんや20歳前後の新社会人より、ちょっと落ち着いてきた、または落ち着いた年代の方のニーズのほうが高いですね。家賃などの面でも、ペット可の亜マンションは通常のマンションで同じ間取りのものより少し高くなっていることからも、若い方などには負担がかかってくるというのもあるんでしょうか。
  • Q.ペット可のマンションでペットを飼わないのに新しく住む人もいますか?
  • A.ペットを飼う人には念書を書いてもらうんですが、ここはペット可のマンションですよ、ということを理解して貰った上で飼わない人にも念書を書いて貰うようにしています。
  • Q.鳴き声などの防音対策はできているんでしょうか?
  • A.防音は例えば途中からペット可になった場合などは改装でボード面を強化したり、通常よりも防音面を高くしたりすることはしますが、小型犬などは鳴き声も高くて響きやすいですし、基本的にクレームがくるほどの鳴き声っていうのは残念ながら、防音をいくらしていてもあまり関係ないですね。
  • Q.フローリングの床下ってどうなってるんですか?
  • A.コンクリートの場合が多いですね。ボードを貼ったり基礎を作った上にコンクリート打ってその上にフローリングを貼るというのが多いです。フローリングから染みこんだおしっこなどでコンクリートにまで匂いが染みついてしまったら、それを取るのは無理ですね。
  • Q.一番多いトラブルは何ですか?
  • A.鳴き声、共有部分での放置、排泄関係ですね。しかしこのトラブルは、飼い主さんがペットに対して、常識的なしつけができていない、ということが一番の原因です。
  • Q.後からペット可になったマンションは古く汚いイメージがあるんですが…。
  • A.確かに一昔前などはそういったイメージのマンションが多かったんですが、最近はちゃんとリフォームされてますし、外観が古くても、中に入ってみるときれいだった、というパターンもよくあるんですよ。
  • Q.ペットを飼う上でトラブルがあった場合、まずどうすればいいですか?
  • A.マンションの管理会社かオーナーさんに連絡して、そのトラブルを報告してください。
  • Q.ペット可のマンション選びのコツはありますか?
  • A.普通のマンションの選び方と同じなんですが、マンションを借りるときは、何を一番重要視したいのか、第1希望、第2希望、という具合に優先順位を付けることで、選ぶ幅が広がり、選びやすくなりますよ。
  • Q.床を傷つけない対策はありますか?
  • A.しつけをしっかりするということですが、ペット対応型マンションとして建設されている物件などは、最初から傷が付きにくいフローリングを使っていたり、付けてしまっても部分的に貼り替えができるようになっています。
  • Q.ペット対応型マンションの特徴は?
  • A.ハイポジション コンセントといって、電気コード差し込みなど破損や感電等の予防でペットが手の届かない場所にコンセントを設置していたり、床から70cmほどのところでクロスを張分けして、汚れたり傷がついても部分的に張替えが可能にするなど、ペットを飼う上での問題点を未然に防ぐさまざまな工夫がされています。
Copyright (c)petoto All right researved.